科目名 ☆非営利団体演習(NGO) 
副題  
担当者 伊藤 由紀子 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
国際協力NGO(NPO)の組織・活動を理解し,NGO・NPOに期待される役割について検証する。  

授業の内容
政府や企業活動とは一線を画して行われるNGO活動貧困者,問題が存在するからこそ活動が継続し,時にはすきま産業などと呼ばれることもある。受益者に近い立場,あるいは彼らと「同じ目線」で活動をすることが特徴であるが,「同じ目線」に立つということはどういうことを意味するのか,そしてそれははたして可能なのか。活動や支援者へのアカウンタビリティは厳しく統制されているものの,活動の受益者とはどのような関係構築がされているのか。
NGOだからこそ果たせる役割について考えながら,その課題を検討し,NGOのさらなる発展の在り方を検討する。  

教材
授業中に指定します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
指定文献を読んで準備をしたり,レポートを書くため1日3−4時間の予習・復習時間を予定してください。  

成績評価の方法
授業参加 10%,発表40%,レポート40%,その他10%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日お昼休み
メール

備考
NGOやNPO等でのボランティア・インターン活動をすること。

授業計画
第1週イントロダクション
第2週文献輪読
第3週
第4週活動事例研究
第5週
第6週
第7週文献輪読
第8週
第9週活動事例研究
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週
第15週