科目名 国際関係特殊研究(国際法・国際機構) 
副題 国際法および国際機構の基本問題 
担当者 櫻井 大三 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
受講生各人が修士論文を執筆するにあたり,前提となるべき議論の組み立て方および文献引用の作法を習得する(必要に応じて,外国語文献の読解能力を向上させる)。  

授業の内容
担当者の専門分野は国際法であるが,本大学院の学際的な特色に留意し,必ずしも法学・国際法を主専攻としない受講生(場合によっては,社会科学系以外の分野に軸足を置く受講生)にも親しんでもらえるようなテーマを,各人の問題関心と照らし合わせながら,相談のうえ決定することとしたい。
一例として,国際法の歴史・理論,人権・環境・領土・安全保障等の分野での国際紛争の解決,国連など国際機構の諸活動などについて論じたテキストの輪読を念頭に置いているが,高度に専門的な議論に立ち入るというよりも,国際法をひとつの素材として社会科学的な分析の仕方・モノの見方を(再)確認することを心掛けたい。
あるいは,博士後期課程進学希望者向けに,英語等の外国語文献を用いた訳読演習をする(その過程で,社会科学的な議論の仕方を修得して頂く)ことも一案であろう。併せて,受講生が実際に修士論文を執筆する際の文献の引用の仕方(出典明示の作法,註釈の役割と表記の方法)についても助言することができれば幸いである。  

教材
授業の冒頭で,専門分野に関係する基本文献(邦語および外国語)を紹介するほか,受講生の問題関心に合致するような文献も事後的に案内することができればと考えている。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
事前に指示された文献等を十分に検討すること。必要に応じて,判例集等の資料に当たり,関連する条約・事件・裁判例についても調査を行うこと。  

成績評価の方法
授業への出席,討論への参加状況,(必要に応じて)レポートの提出等を総合的に勘案し評価する(外国語文献を輪読した場合,期末試験を実施することもありうる)。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜日の放課後,もしくは,木曜日の昼休み(但し,事前にアポを取ること)。
Eメールまたは事務室へ申し出られたい(メールアドレスは事務室にて確認されたい)。

備考
テーマの扱い方,授業の進め方等の詳細については,受講生諸君との相談により決定することとしたい。各人の問題関心,修士論文のテーマとの兼ね合いで疑問等がある者は,事前に担当教員まで照会されることをお勧めする(コンタクトの方法については,大学院事務室まで申し出られたい)。

授業計画
第1週ガイダンス
第2週使用教材の概要説明,演習の受け方・心得等
第3週国際法および国際機構の基本問題 (1)
第4週国際法および国際機構の基本問題 (2)
第5週国際法および国際機構の基本問題 (3)
第6週国際法および国際機構の基本問題 (4)
第7週国際法および国際機構の基本問題 (5)
第8週国際法および国際機構の基本問題 (6)
第9週国際法および国際機構の基本問題 (7)
第10週国際法および国際機構の基本問題 (8)
第11週国際法および国際機構の基本問題 (9)
第12週国際法および国際機構の基本問題 (10)
第13週国際法および国際機構の基本問題 (11)
第14週国際法および国際機構の基本問題 (12)
第15週総括
上記授業計画は,あくまで本授業の「副題」に即した例示である。実際の授業内容は受講生との相談により決定するので,授業計画もそれに従ったものに変更することがありうる。