科目名 言語分析特殊研究 
副題 シェイクスピア英語特殊研究 
担当者 古庄 信 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
シェイクスピアの作品講読をとおしてエリザベス朝英国(英国ルネサンス)の政治,文化,宗教などを観察する。また朗読演習により英語独自のアクセント,イントネーションなどを再認識する。  

授業の内容
英米人の教養の源とされるシェイクスピアの英語講読に挑戦してもらう。履修生の関心のある作品を取り上げ現代英語との比較を行いつつ,同時にエリザベス朝イギリス文化にも触れる。ガイダンスの後は受講者各自による発表形式を基本とする。また発表の準備に際してはOED検索を必須とする。(詳細はガイダンス時に指示する。)  

教材
参考文献:河合祥一郎・小林章夫シェイクスピアハンドブック三省堂2010
David Crystal & Ben Crystal, Shakespeare's Words, Penguin, 2002
The Oxford English Dictionary, Oxford Clarendon Press
テキストは担当者が用意したものを使用する。初回授業にて配布予定。また参考書も必要に応じてその都度授業中に参照してもらうので,熟読し授業の準備および復習に活用すること。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
予習・復習に各2〜3時間を必要とする  

成績評価の方法
毎回の発表と出席点,レポート等によって評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜3時限・金曜3時限
Eメール(19901458●gakushuin.ac.jp)(change ● to @)

備考
本授業の履修希望者は春学期(5月20日)に本学で行われる英国劇団ITCLの公演を観劇しておくことが望ましい。

授業計画
第1週ガイダンス,テキスト配布
第2週発表および総括
第3週
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週
第15週まとめ